池袋で英会話をやってみた

池袋で英会話をやってみた

英会話、というと、少し前にブームだった頃と比べて下火になった気もしますが、まだまだ沢山の英話教室が開かれています。

社内の公用語を英語にする企業がニュースになったり、インターネットがより身近になったお陰で、英語に接する機会が増えたりと、英語教室の必要性や需要はむしろより濃くなってきたようにさえ思います。

かく言う私も、池袋にある英会話教室へと行ってみました。

私の場合は特に目的がなかったのですが、同じ池袋教室になった人は仕事で英語をつかったり、TOEICである一定以上の成績を収めることで、受験や就職に役立てようという人も居て、温度の差こそあれ英語をモノにしようという雰囲気をお互いに持ってレッスンに取り組むことができました。

そうすると、独学で英語を学ぶよりも、クラスメイトとのライバル心が上手いこと働いて、より早くより深く英語を勉強することができるものなんですね。

予算のこともありますし、勉強方法は人それぞれだと思いますが、一考に値するのではないでしょうか。

池袋の英会話学校へ行ってみた話

会社内で英語に対する意識が高まってしまいました。

通訳さんじゃないし、今すぐにでも海外出張に行け、なんてグローバルな会社でもないのですが、たまに海外からのお問い合わせがあったり、仕事上使う資料に英語のものがあったりして、全く使わないということでもないのが災いしたと言えます。

こんな風にいうのも、私が英語苦手だからなのですが、決まってしまったものはしかたがありません。

半ば自分の危機意識、半ば会社命令、といった感じで近場の池袋にある英会話学校へ向かいました。

問い合わせると、たとえばTOEIC対策をメインにしたコースや、英会話の発音を矯正したりするコース、そして私に向いていそうなビジネス英語のコースがあり、そのビジネス英語のコースを選択して受講しました。

池袋で英会話スクールに入校

時にはマンツーマン指導なんかもお願いしつつ、確かな授業と会社での実践の機会とが合わさって、学校時代からの英語苦手意識がすっかり拭い去られてしまいました。

池袋の先生には感謝してもしきれないですね。